03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
原点。

今思えば、僕の「知」に関する興味を抱かせてくれたのは
小学校のときの進学塾だった。

ことあるごとにプロジェクトXを見せてくれたり、
小学生だった僕らにFXの話を聞かせてくれたり、
ときには僕らを連れて野外学習に連れて行ってくれた。

流星群もみた、鍾乳洞もみた。
自販機で当たりが出たのは、後にも先にもあの一度きりだった。

今も先生とはFacebookで繋がっているけれど
早朝にサイクリングをしたり、
結婚もされて新たにお子さんもでき、
毎日を楽しんでいるように思える。

「会いたい」と思う。
会ってお礼を述べたいと思う。

そして、自分もそういう人になりたいと思う。

この考えはあまりにも安直だろうか?
いや、この単純な経験こそがその人の価値ではないか。

シンプルなものほど、美しい。

シンプルなものほど、大切にしたい。

たくさんの人や、ものと触れたいと思うけれど
本当に大切なものは1つだけでいい。

−−−−−−−−−−−−−

会いたい、と思っても会えない人がいる。

それはその人が同じ世界にいないから。
彼がいなくなってから1年が経つ。

部活の恩師だった。
学校の教頭先生でもあった。
そして、お寺の住職でもあった。

彼からは、人間の生き方を学んだ。

「冬休みの宿題、要領よくやります!」と言ったら怒られた。
“要領よくとはなんだ、人間地道にやらなきゃいかん”
そのときは、なんだこいつ、と思ったものだった。

今思えば、要領よく、って、親からいわれていたことだった。
要領、要領。要領がいい方がいいよ、要領だ要領だ・・・

だから、先生にも同じことを言ったんだった。

親にはもちろん感謝しているけれども、
それ以上に、僕を僕としてみてくれた人として、
僕はあの先生を親以上に尊敬している。

彼がいなければ、今の僕はいなかっただろう。

挨拶を教わった。
愚直さを教わった。
勤勉さを見習おうと思った。
ストイックな人だった。
むさくるしい人だった。
笑顔が愛くるしい人だった。
めんどくさい人だった。
顧問のクセに、スキーは下手くそだった。
合宿先で出る、冷凍のチーズカツを美味しい美味しいといって食べていたっけ。
お前は理屈っぽいな。しかしそれがいいところでもあり、悪いところでもある
最後は認めてくれた。
OBとして合宿に行ったら顔をくしゃくしゃにして喜んでくれた。
これからも、スキー部を頼む、って言われたっけ。
現役時代、スキー部の全員がだいっきらいな人だった。
でも、スキー部全員が全員尊敬した人だった。

そして今。
陳腐な言い方だけども、彼は僕らの心の中に生き続けている。

彼を思い出すと、嬉しそうに楽しそうに笑っている顔しか浮かばない。

恩返しができるようにがんばろう。


翔。 | 日常 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やどかり。
 
お久しぶりです。みなさん。
あれから2年ですか。

早いもので、2年。

最後に更新してから、1年半。

長いようで短い時間でした。
あっという間でした。

どれだけの人がこのブログを見てくれているのか分からないけれども、
JUGEMのこの「記事を書く」のインターフェースをみて並々ならぬ感情が
よみがえってくるのも、きっと当時の思い入れの強さの結果なのだと思います。

今となっては、過去です。
2年。

思い出すには、一筋縄には行かないし、
このブログの記事も、読んで新たに発見することや思い出すことがある。

久々にブログを読み返しました。
それでね、思ったんです。

思考回路をアウトプットできる場って本当に素敵なんだって。
そう思うんです。

自分にとってのその一瞬一瞬を記録できること。
そして、後で読み返すことができること。
かけがえのない財産なんです。

だから、ここを読んでいる皆さんにも是非、アウトプットしてもらいたい。
Twitter、Evernote、各ブログ、色々あります。

それぞれ一長一短がありますが、その時々で変えれば良いです。

ひたすら自分のためにつづるのならば、手日記。
軽く思ったことを記録していくのなら、Twitter。
システマティックに、アイディアなども溜めていきたいならばEvernote。
スマートフォンやPCなどでクラウドを使いこなしている人にはオヌヌヌですな。

少しだけ、僕の話をします。

受験生のとき、僕はブログを書いていました。
現役生のときと、浪人のときで、合計2つ。

大学になり、Twitterをはじめました。
最初は、自分にとってのメモ帳感覚で使っていましたが、
徐々にフォロワーが増えるにしたがって、エンターテイメント性が増しました。
内容も、自分なりの検閲をするようになり、なんでも投稿できるわけではなくなりました。

そこで、新たにプライベート用のTwitterアカウントを作成し、
2つのアカウントを使い分けるようになりました。

そして、今です。

就職活動が始まろうかというこの時期、
つぶやく内容には気をつけなければなりません。

フォロワーには「サークル」「寮」「同級生」などが混在しているので、
身内ネタなどにも気を使います。

“無難な自分”に落ち着いてしまうわけです。

だから、これからはTwitterも整理するか卒業するかしようかなって考えてるなうなのです。


そこでね。

前振りが長くなったんだけど、「やどかり」。


自分が成長していくにしたがって、アウトプットする場所っていうのは変わるものなんです。
ずっと同じところに留まる人なんていないからです。
それで、いいんです。


僕はこれから、就活のこともアウトプットしていきたいので、ネット上には上げずWord形式で記録していこうと考えています。

プライベートなことや、面白いことは、Facebookです。
写真の投稿、人とのコミュニケーション。バーチャルではあるけれど、Facebookは使いやすい。

手を広げすぎるのが1番よくないのです。

今までのものは、捨て去る。
使わないものは、切り捨てる。

そんな行動こそが、前に進むステップになるのだと思います。



翔。 | Another Strory | 20:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
子供を動かす法則

気になる本のメモ。


子供を動かす法則 (教育新書 41) [新書]




4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 教師の教師!, 2009/9/26
レビュー対象商品: 子供を動かす法則 (教育新書 41) (新書)
教師というのは不思議な仕事だ。何の実績もないのに教壇に立ったその日から「先生」と呼ばれる。
でも、現実はそんなに甘くない。子どもたちは鋭い。鋭くて残酷だ。すぐに度量を見抜かれる。
そこから、初めて教師としての試行錯誤がはじまる。そんな時、この本に出会った。
自分と向き合うこと、今まで誰も教えてくれなかったことが詰まっている。
なるほど…食い入るように読んだ。具体的なノウハウがかかれているだけに留まらず、生き方まで
影響を与えられた。まさに、私の「先生」といえる一冊です!


「何の実績もないのに、教壇に立ったその日から『先生』と呼ばれる。」

そのとおりなんだな。

本当に、最初は先生って呼ばれることに違和感を感じるもんなんだよな。

いやいや、オレそんな先生って呼ばれるほどできた人間じゃねーから。最初はそう思う。
けど、だんだんわかってくる。

先生だから、先生って呼ばれるんじゃない。
先生って呼ばれるから、先生に「なる」んだ、ってこと。

翔。 | バイト−塾講師 | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
塾講師に必要な5つの素養とは。

『講師たるもの五者たれ。』

塾講師やっている人は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

私のバイトしている進学塾においても、新人研修マニュアルの一番最初に書いてあることがらです。
講師たるもの、五者たれ。

五者ってなんぞ?っていいますと、、、

学者・医者・芸者・易者・役者 の5つです。

「できる人の教え方」にいわく、

講師たるもの、
 『教える内容を生徒以上に学べ。100を知って1を教えろ。
 生徒の状況をよく把握し、バランスのとれる方向へ生徒を導け。
 生徒をより楽しませろ。
 生徒の不安を取り除け。
 生徒を惹きつける魅力を持ちなさい。』

ということなんですね。
その5つの側面をもってはじめて、“いい講師”となることができる。というものです。




できる人の教え方

安河内 哲也
中経出版

これ、「生徒に捨てられないプリントを作るコツ」や「生徒に集中させるコツ」なんかが超具体的に載ってます。

たとえば「捨てられないプリント作り」では、、、
○○○を指示する!
作成者が○○○○○資料は捨てられにくい!
「○○○○○」という文言を入れておくことで捨てられにくくする!!
○○をとることで○○○○なプリント作りを心がける!!!.....などなど、具体的な改善案が山盛り。

作者が大学受験をする高校生相手に教えている予備校講師ということで、
手に取るまでは役に立つかどうか心配だったのですが、手にとってぱらぱらめくった瞬間そんな迷いが吹っ飛びましたww
みなさん、前書きを読んでみてくださいよ。
この本にこめられた著者の思いがひしひしと伝わってきます。

「教える」ということは、多かれ少なかれ人に影響を与える仕事です。それがよい影響であれば、感謝され、ほめられ、支持されます。このときの喜びは、たぶん教えた経験のある人でなければわからないでしょう。
だからこそ、どんどん教えていきましょう。そのための技術は、この本で出し惜しみせずにすべてお伝えするつもりです。
今は、この本の中で3つほどの技術・改善点をピックアップして、
そのノウハウを生かして自分のモノにできるよう、日々授業しています。

特に、先輩講師からあまり教授されなくて、自分がどういう授業したらいいのか困っている方、必見です。

自分の中では、トークスキルを磨くことを第一の目標としています。

小泉総理の演説の動画を見たりすると、間の勉強になります。
やっぱり小泉さんって、説得力あるんですよね。
すごく、いい意味で人間くさいんですよ。
別にずっと聞き取りやすい日本語をしゃべるわけじゃない。

けれども、すごく単純明快な日本語、よどみのない日本語、自信に満ち溢れた日本語を
話すなぁというのが僕の感想です。

いってること自体はごくごく平凡ですが、それが耳から離れず、カリスマ性をもって聴こえたのはやはり、性質やトーン、間の取り方が非常に優れているからなんでしょうね。

塾講師の話題になると勝手に口調が丁寧になってしまうwwww
翔。 | バイト−塾講師 | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カテゴリー追加。
   塾講師のバイトをはじめてから、3ヶ月が過ぎた。

 書きたいことをこれからはここのブログに書いていこうと思う。

 塾の講師のバイトをやっていて感じること、塾講師のやりがい、
 内部事情―たとえば時給、あるいは人間関係・・・などが主な内容になります。

 バイトはじめてすぐにここに投稿していこうと思わなかったのは、それだけこのブログが自分にとって大きなものだったからです。
 つまり、、塾講師のバイトが、ここに投稿するだけのモノではなかった。少なくとも以前は。

 今となっては、塾講師のバイトは自分にとって生活の一部となりました。
 とても奥が深くて面白いです。

 ネットの特性を生かして、腹を割っていろいろと書いていこうと思います!

 ※くれぐれも、例のウェスティンホテルのようなことにはならないように注意してやっていきます笑
翔。 | バイト−塾講師 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
だいぶ内容の薄い
 
久しぶりに筆をとってみた。



やはり、受験期にブログを書き続けてたのってなんだか懐かしい。


受験のときの記憶のひとつ。

自分の中で、大きな思い出のひとつになってる。



だからたまに、無性にブログが書きたくなるときがある。



そんなときには、Mixiにいろいろと書いていたのだけど

なんだかそれだけじゃ物足りなくなってしまった。




なんかこう・・・なんだろう


やっぱり、人間表と裏ってあると思うんだよ。



別に、変な意味じゃなくてね。当然のこととして。

人に向き合うときと自分ひとりで考え事するときじゃ、テンションとかがもう根本的に違うじゃん。
どっちがいいとかじゃなくて。


その、表と裏で言えば、このブログは裏だったのかもしれないし、裏なのかもしれない。



Mixiじゃ所詮、表のことしかかけないのさ。

マイミクもたくさんいるし、わざわざ非公開にしても、、
重たい日記書いても、、、
やっぱり、公開先は人になるわけだから。


それに引き換え、このブログは、方向性が少し違ってる。



別に俺は、読んでもらうために書いてるわけじゃないし、

でもだからこそたまにいい思考ができたりするわけで。



それを、たまにとおりすがった人が見ていく。


そんで、縁があったら、少しコメントやらで話をしてみたり。
たまに、人と触れ合える。


それでいい。


ホラ、Mixiによくあるわずらわしい足跡機能みたいなのもないしね。笑



このブログの居心地のよさってのを、いまさらになって再認識した。

いいもんだ。



まぁ、所詮はデータなわけでね、、俺としては
ここにすべてを書き残しても、JUGEMに無料でデータ領域を貸してもらっている以上
JUGEM「あ、すいませんブログ消えちゃいました」って言われても文句は言えないなって思ってる



だからなーんか頼りきれないっていうか、、、なんだろう
そんな気持ちでいたんだけど



でも、そのときはそのときだよね!\(^o^)/




とゆーわけで、これからは今までと変わらず、

どーでもいいことをつらつらと書いていきます。




新しくブログ作る・・・かも、、・・・・しれません。


でも当分は"Another Story"カテゴリで書いていきます。




よろしくね。





誰にいうわけでもないけど



でも、やっぱり



よろしく。

翔。 | Another Strory | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お知らせ。
 
みなさんお久しぶりです。

翔です。



元気でやってます。



そろそろ暑くなってきましたけど、みなさんは体調大丈夫ですか?



僕の周りは風邪引きさんが多いんで困ってます;;笑




さてさて、今回はこのブログについてなんですけども



いろいろと書きたいこともあり、

更新しようかなとも2日に一度くらい思うのですが、

いかんせん受験勉強というひとつの大きなテーマを終えてみると

書くことがばらばらになってしまうのが悩みのタネなんですね。


あんな経験をした、こんな経験をした。


そんなことを書いていくのも悪くないとは思うのですが、

自分としてはなかなか思うような記事がかけない。です。はい。



書こうと思うと、中身のない、本当にグーたらな自己満日記になっちゃうと思うんですよ。



そんなんなんて書く意味もない。



とゆーわけで、このブログはおしまいにします。



書けばいろいろとありますが、あっさり終わりにしたいと思います。



このブログにかかわってくれた全ての人たちに、ありがとうと言いたいです。




これからもお互いがんばりましょーね。




ほんで気持ちよく死にましょう。笑





ほんまにありがとうございました。






Mixiで日記書いてるんで、
よかったらマイミクなりなんなりしてやってください。

みかみ先生とマイミクしてて、名前はcosナントカです。
足跡とかあんまり気にしない性質なんでがんがん踏んでもらってOKです。


ではでは。
翔。 | - | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/41PAGES | >> |